軍学共同反対連絡会申し合わせ事項/規約

2017年2月5日
軍学共同反対連絡会

(1)名称
 本会は、「軍学共同反対連絡会」と称する。

(2)目的
 本会は、科学者と市民の情報ネットワークを中心として、軍学共同反対にとりくむ会である。軍事研究に反対する一点で共同し、そのための取り組みを行う。平和的な科学をめざし、最終的に軍事研究を無くすこと、軍学共同を廃止することを目標とする。

(3)構成
 本会は、軍学共同に反対する個人、団体・組織で構成する。非暴力で活動し、民主的運営を行う。

(4)活動
 本会は、目的を達するため以下の活動を行う。
 1)参加者がMLでつながり、情報を共有する。
 2)ホームページで情報を随時発信する。
 3)軍学共同反対ニュースレターを月1回程度発行する。
 4)情勢に見合った、幅広くとりくめる軍学共同反対の取り組み。

 また、当面、次の取り組みを行う。

  • 必要な要請や抗議の提起とその取り組みを行う。
  • 日本学術会議・同会員への働きかけを行う。
  • 全国の各大学に軍事研究禁止の明確な見解を出すよう働きかける。
  • 様々な学会等へ働きかける。
  • 市民、学生との連携を重視し、追求する。
  • 学習会の講師派遣などを行い、全国のさまざまな軍学共同反対の活動を支援する。
  • 記者会見や情報提供などを通してメディアへ働きかける。
  • ブックレットや市民向けのパンフを作成し、この問題の普及活動を行う。

(5)運営体制
 1)総会を(年1回)開催し、運動の到達点と方針を確認する。
  総会は、参加する個人、団体・組織で構成し、ここで方針を決定する。
 2)日常運営にあたる幹事会を若干の個人、若干の団体代表者で構成する。
 3)幹事会のもとに日常的事務を担う事務局を置く。事務局は、若干の個人、若干の団体代表者で構成する。

(6)財政
 当面、各種出版物・資料代収入、寄付等をもって当てる。

以上